卓球
  高齢者にとって最も馴染みのあるスポーツです。ピンポンと呼ばれて
  どなたでも一度は楽しんだことのあるスポーツでしょう。
  「さわやか卓球広場」は2003年にスタートし、現在15会場で開催しまし
  た。(公益財団)さわやか福祉財団とTTFC(会長 伊藤 繁雄氏)の共催
  で行なっています。また、日本卓球協会が後援し、日本卓球公認工業会
  が協賛しています。
  2014・3・2 特別養護老人ホーム「博寿苑」にて
 

協力参加:TTFC、江口冨士枝さん 伊藤繁雄さん 織部幸治さん
       内田美恵子さん 

         藤ミレニアム 江藤真吾選手 江藤沙代選手
       関西大学卓球部 村中一真選手 安川泰子選手
             (江口冨士枝さんと伊藤繁雄さんの対戦です)→
1403-1
  1403-2  
  TTFCとはTable Tennis Fellow Clubの頭文字をとったもので、  
  日本卓球界の往年の名選手がメンバーとなり、卓球の普及にとどまら  
  ず社会貢献などに精力的に活動している団体です。  
  毎回、開催地の地元日本卓球リーグ実業団チームに所属するチーム  
  から一流の現役選手が参加し協力して頂いています。  
     
     
     
  ←(関西大学卓球部選手の対戦です)  
     
  お年寄りとふれあうなど貴重な社会貢献体験学習を行なっています。  
  プログラムは最初に日本卓球公認工業会からの卓球用具の贈呈式を  
  行ないます。  
  高齢になっても卓球を楽しんでもらいたいとの願いから毎回プレゼント  
  されています。  
     
  続いて  
  1)ショートゲーム(実業団選手と少年・少女のショートゲーム)  
     
         (施設の従業員の方と安川泰子選手の試合です)→  
     
   
  1403-4  
  2)ピンポンラリー(お年寄りがTTFCや選手とラリーを楽しみます)  
  3)ふれあいゲーム(お年寄りの肩を揉んだり、会話をしたりのゲーム)  
  4)ラリーアート(ピンポン球に色インクを付け、転がして描く創作  
    オブジェ)  
  5)ふれあい写真プレゼント(子どもからのメッセージのあるツーショッ  
    ト写真)  
  などなど、参加者全員が楽しめるメニューで、約1時間半のプログラム  
  です。  
     
  ←(内田美恵子さんの指導でお年寄りも参加)  
  特に、お年寄りが参加するピンポンラリーはピンポン玉がはじける音や  
  打球感がお年寄りの若き日の懐かしい楽しい日々を彷彿と蘇らせてく  
  れます。ラリーアートで子ども達と一緒に描いたオブジェは記念に施  
  設にプレゼントします。これを施設では時々、サロンや食堂に掲示して  
  「さわやか卓球広場」の楽しかった思い出を呼び戻して頂きます。子ど  
  も達は選手の指導を受けたり、サインをもらったりと大満足の一日で  
  す。選手も自分に出来る極々やさしいプレイでも多くのお年寄りや子ど  
  も達に喜ばれることを実感して、充実したひとときを過ごしました。  
     
                    安川選手と伊藤繁雄さんです)→