ホーム財団の概要研修生等の受け入れ自治体研修生をご紹介します

自治体研修生をご紹介します

 自治体研修生をご紹介します

 今年の4月から、新たに地方自治体より2名の職員の皆さんが長期派遣研修生として財団に参加」してくれることになりました。

 どうぞ皆様温かいご支援をよろしくお願いいたします。

■2017年度研修生  

「新しいふれあい社会づくり」への貢献

東京都教育委員会 松浦 隆史さん

 4月より、東京都教育委員会から「平成29年度長期社会体験派遣研修生」として新地域支援事業を担当させていただくことになりました松浦隆史です。これまで大学を卒業して18年間、特別支援学校に勤務してきました。教員生活を通して知的障害や自閉症のある児童・生徒の教育に携わる中で、保護者とともに一人ひとりの子ども達が自分でできることが増えることや地域社会の中でいろいろな人と様々なことに取り組む姿の実現などを目指してきました。
 近年、障害児・者を取り巻く環境においても共生社会の形成に向けた取り組みの充実が叫ばれています。そんな中、さわやか福祉財団において「新しいふれあい社会づくり」の業務に携わる中で、これまでとは違った視点から共生社会の実現に関わることができることを喜んでおります。
 関係者の皆様、住民の皆様と支え合い助け合える町づくりの創造に貢献できるように尽力してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

「助け合いの地域づくりを学ばせていただきます」

神奈川県 大島 桂子さん

 4月より、神奈川県からの研修生としてさわやか福祉財団で勤務することとなりました大島と申します。
 3月までの配属先は、農業者の育成を目的とした農業の専門学校で、まわりを畑に囲まれた一見するとのどかな場所で、経理の業務を担当していました。
 改正介護保険制度がスタートし、全国の自治体が新地域支援事業を整備していく中で、地域での助け合い活動の創出と、ネットワークづくりを進めてこられたさわやか福祉財団で働く機会に恵まれたことを、とても幸運に思います。
 1年間という短い期間ではありますが、ネットワークづくりを支援するノウハウや、全国の自治体での取り組み事例についても学ばせていただきたいと思います。
 これまで福祉の仕事に携わった経験がなく至らない点も多いですが、「新しいふれあい社会」づくりに少しでも貢献できるよう精一杯頑張りますので、ご指導の程よろしくお願いします。

このサイトについて個人情報の取扱いについて